読みたい!と思わせるリード文(導入文)の書き方とは?例文を使って解説!

 この記事を読みたい!そう思ってもらえるリード文(導入文)を書けるようになると、文章を“伝える”技術でライバルと大きな差が付けられます💡

 ブログのアクセス数収益が増えたり!? 企画がスムーズに通ったり!?

 今や、

伝わるリード文ビジネスで必須のテクニック!

 になっているのです💡

 ブログのアクセスが伸び悩んでいる方や、企画書が通らない方は、もしかしたらリード文を作る技術が足りていないことが原因かもしれません!?

 リード文は、読者が最初に見て「読む必要のある記事か判断」する重要な部分で、ここで魅力が伝わらないと、続きが読まれない!なんてことも…

こむぎ
こむぎ

えぇ〜っ、読んでよ!

 今回は、読みたい!と思わせるリード文を書くための!?

  1. リード文とは何か?
  2. リード文が「微妙」だと何故読んでもらえない?
  3. 読みたい!と思わせるリード文の書き方!

 について💡 例文を参考に紹介します^-^ノ

こむぎ
こむぎ

魅力的なリード文で差をつけるぞ〜♪

リード文とは?

タイトルをさらに膨らませるもの!
~本文の内容&魅力&メリットを伝えよう!~
(この記事は〇〇の方法について書かれている!)

 リード文とは、記事本文の前で「本文の魅力やメリットを読者に伝えるための小文」です。

 この記事は「こんな“すごいこと”が書かれてるよ!」「あなたのこんな悩みが解決できるよ!」など、とにかく読みたくなるような魅力を伝えるのがリード文の最大の役目です💡

Yugo
Yugo

短いタイトルの中で伝えきれなかった記事の魅力をもう少し詳しく紹介する場所!といえばわかりやすいね💡

例文!

  • この記事では〇〇を上手に料理する方法を紹介します。
  • 〇〇を無料で入手する方法を紹介します。
  • 長年抱えている〇〇の悩みもこの記事を見れば解決!

もしリード文が「無い」or「微妙」と!?こんなデメリットも!?

 あれっ?そもそも、リード文って必要なんでしょうか?

 こんなに悩むくらいなら、リード文なんて無くてもいいんじゃない?と思われるかもしれません💡

 もし、リード文が無いor微妙で、いきなり本文に入るとどんな不具合があるのでしょう?

もしリード文が無いor微妙だと?

  1. とりあえずタイトルで何についての話かは大まかに分かった。
  2. 本文に何が書いてあるかわからない状態で読み始める。
  3. 何の話で今どこらへんの話題を読んでるのかわからない!!
  4. そもそも!? 何の目的でこの本文を読んでいるんだろ??(この頃にはタイトルのことなんて忘れてる。)
  5. なんか、読むのめんどくさくなってきた〜…。

 のように、この後何が書いてあるのかもわからないものを読みたいと思いませんよね!?

 やはりタイトルだけではインパクトが弱いのです💡

Yugo
Yugo

予め「本文の内容を把握できるリード文」があるからこそ、本文の魅力がUPするんだね💡

こんなリード文はだめ!?な例を紹介!

 では、こんなリード文じゃ読まれない!? あまりおすすめできない例文を見てみましょう💡

Yugo
Yugo

記事の「タイトル」と「リード文」に注目しよう💡

例1)LED電球についての話題なのに…?

LED電球の寿命を縮める3つの原因とは?

 最近は寒くなってきましたね、もう完全に冬です。

 私は寒さに弱いもんでこの時期が一番つらいです。みなさんも体調には気をつけてください。

 そういえば、うちのワンちゃんが子犬を産みまして、とても可愛い今日このごろです。

 それでは本題へどうぞ。

Yugo
Yugo

こういう世間話も楽しくていいと思いますが、書くなら記事に関係のある話題があればGoodです💡

そうでなければ記事の途中や最後に差し込みましょう💡

リード文で全くLEDについて触れていないのもNG💡

例2)タイトルに負けるリード文はNG!

東京で美味しかったラーメン屋ベスト10!

 東京で美味しいラーメン屋を食べ歩いているので紹介したいと思います。

Yugo
Yugo

リード文が短すぎて、タイトル以上の魅力を伝えられていないところがもったいないですね💡

もう少し具体的に、チャーシューが大きくて美味しい、スープが美味しい、麺が美味しい!などの情報があると記事の魅力が増して読みたくなります💡

読みたい!と思わせるリード文の作り方!(例文紹介!)

  1. 何について書かれている記事か?本文の目的や視点を伝える!
  2. リード文で記事への期待感&共感を高め、読みたいと思わせる!
  3. 記事を読む抵抗感を減らす!
  4. 読者からの信頼を得る!

 ここからは、読みたい!と思わせるリード文を簡単に作るための方法を、上記の4つの項目に分けながら紹介していきます💡

(1)何について書かれている記事か?本文の目的を伝える!

 リード文では、「これから読む本文が何について書かれているのか」が具体的にわかることが最も重要です💡

 具体的には、

  1. この記事を読むと「どんな問題・疑問が解決」するのか?
  2.  読むと「読者にとってどんなメリット」があるのか?
    • (または、「知らないとどんなデメリット」があるのか?)

 の2つのポイントが取り入れられていればOK💡

Yugo
Yugo

例えばこの記事なら💡

  1. リード文を上手に書けなくて、「文章力でライバルに勝てない」問題を解決できる💡
  2. リード文を上手に書けるようになると、
    • ブログのアクセス数・収益が増える
    • 企画書が通りやすくなる

という要素をリード文に取り入れているよ💡

例文集)こんな書き方がおすすめ!

  1. この記事では「〇〇の方法」について紹介します。
  2. 「〇〇のやり方」を知れば、「◆◆の悩み」も解決できます。
  3. もし「〇〇ができない」と、「〇〇を損」をします
  4. 具体的に●●ができるようになるアドバイスをします。
  5. この記事では図を使って解説します。
  6. ランキングや比較をして情報を提供します。
Yugo
Yugo

このような言い回しを使って、本文中で何が書かれているのかを説明しよう💡

(2)リード文で記事への期待感&共感を高め、読みたいと思わせる!

 先程紹介した本文の内容を伝えるだけでも期待感を高められます💡

 でも、さらに一工夫を加えることで、さらに読者の期待感を高めたり共感させることができる手法も覚えておきましょう💡

 たとえば、

  1. 自分のための記事だ!知りたいことが知れる!」と思わせる!
  2. 今までにない新しい情報」であることを伝える!
  3. 疑問の解決法を簡単に説明し、「詳しい部分はひっぱる!

 のような部分があれば、さらに興味深さを演出できますね💡

例文集)こんな書き方がおすすめ!

  1. 「〇〇をするとき」「〇〇の方法がわからなくて」困ることはありませんか?
  2. 〇〇をするのって大変ですよね?そんなときに〇〇を試したら見事解決できたので紹介します。
  3. 〇〇は実は〇〇だったって知ってましたか?
  4. 最新型〇〇は全く新しい技術を使って〇〇を実現しました。
  5. 〇〇で悩んでいるなら、〇〇を使えば解決できるのをご存知ですか?
  6. 〇〇の悩みを解決する方法は「〇〇」「△△」「□□」の3つの方法があります。本文ではこの3つの方法について詳しく紹介します。
Yugo
Yugo

このように、あ!そうそう!そうなんだよね!と共感を得られる部分を入れると、まさに自分のための記事なんだって思うよね💡

こむぎ
こむぎ

本文を読めば答えが書いてあるんだ!ってわかった瞬間、興味が湧いてきたよ!!

(3)文章を読む抵抗感を減らす!

 1つ、忘れてはいけないことがあります💡

 文章を読むのはとても体力を使う疲れる作業なのです💡

Yugo
Yugo

リード文を読んで、「なんか読むの大変そうだな〜」と思われないように、できるだけ読む抵抗感を減らす文章を書いてみよう💡

 例えば💡

  1. 簡単な単語を選んで」読みやすい印象を与える!
  2. 150~400文字程度の短い文章」で簡潔にまとめる!
  3. 冗長的にならない」ようにする!

 のような工夫をすると読み手の苦痛を減らすことができます💡

① 簡単な単語を選ぶ!

 専門的な単語が使われている文章は、一見すると賢い人が書いている?と思われるかもしれません。

 でも、お硬い文章って読みにくいんですよ。役所関係の書類とか、契約書とかまさにその象徴。

こむぎ
こむぎ

わざとわかりにくく書いてるの?

 難しい内容を、「誰が見てもわかる簡単な言葉でわかりやすく説明する」ことこそ本物の文章力です💡

例)1と2、どちらが読みやすい?

  1. 短期譲渡所得による不動産の譲渡所得では39.63%の所得税率が適用される。
  2. 短期譲渡所得(購入後、5年以上所有している「家・土地」を売る場合)では、販売額の39.63%を税金で収めなければならない。
Yugo
Yugo

「2」なら専門知識がない人でも意味がわかるね💡

② 150~400文字程度の短い文章で簡潔にまとめる!

 リード文は何文字必要?といえば、内容の違いや濃さによっても異なるので一概には言えません。

 ですが、人間は一度に多くの文章を見ると読む気が失せます…(目がチカチカして)。

 原稿用紙1枚が「400文字」になっているように、リード文も400文字程度を目安に、文字数が増える場合は1文を短くしたり、見やすくなる工夫をしましょう💡

Yugo
Yugo

一般的に1つの文は40~80文字以内に収めると読みやすいと言われているよ💡

こむぎ
こむぎ

短すぎても魅力が伝わらなければダメなんだもんね💡

必要な内容は詰め込んで短く!ってことなのか〜

(3)なるべく「冗長的にならない」ようにする!

「冗長的」とは、ムダに回りくどく長いことを言います💡

 なるべく!と書いたのは、時には回りくどい方が柔らかく伝わって良い場合もあるからです💡

例)1は冗長的!

  • 私は沖縄が好きだ、それはパイナップルやココナッツなどたくさんの美味しいフルーツを食べることができるからだ。
  • 私は沖縄が好きだ、パイナップルやココナッツなど、たくさんの美味しいフルーツを食べられるからだ。
Yugo
Yugo

敢えて、表現を丸めるために使用するのは問題ないよ💡

ちょっと長いかな?と思ったら削れると便利だね💡

こむぎ
こむぎ

いろいろな表現方法を知っておくと使い分けができるんだね💡

読みたい!と思わせるリード文(導入文)の書き方とは?例文を使って解説!のまとめ♪

 本当はとても面白い「映画・ドラマ・TV番組」でも、最初の10分間がつまらなければ途中で見るのをやめてしまいますよね?

 それと同じで、文章も出だし部分(リード文)が読者の興味を引き立てるために重要なのです💡

 始めてその作品(文章)を読む人は、その作品がどんなものかわからないからこそ、序盤でしっかりと魅力を伝えることが大切なんですね^-^ノ

読者コメント欄♪

タイトルとURLをコピーしました